091012ベスパ整備メモ

やったこと
・パンク修理
かなりリア荷重なので、パンクする時はリアからするらしい。インナーチューブの口金の寿命?で緩徐に空気が抜けてしまう症状が出た。スペアに替えても、スペアもすぐ駄目になった。タイヤ側面もひび割れてるし、経年劣化か。。。
ホイールからタイヤをはずすのが一苦労で、すっかり固着したタイヤとホイールの隙間にナイフをこじりこじり入れ、CRCを吹きかけつつはがしていく。なんとか取り出せたスペアのホイールを背負って、途中で空気を入れつつだましだまし八景のNAPSまで走り、タイヤとインナーチューブを購入。道端で組み立て・交換。
もともとついてたホイールはスチール製、スペアホイールはアルミ製だった。スペアだから軽さ重視でアルミなのか?でも社内でいろいろ作ってたらコストかかるよなぁ、社外品か?
新しいタイヤはトレッドパターンが普通のスクーターと同じで、レトロ感は薄れたけどグリップは明らかによくなった。濡れた路面でもお尻が滑る感触がない。フロントタイヤもひびわれひどいし、そのうち交換しよう。

・キャブ・エアクリ清掃
分解清掃→始動性がよくなった。
キャブ入り口のフィルターにタンク錆がこってりついてたので、ホースの中間にフィルターをかました。
ガスケットがへたっていて漏れるので、余ったガスケット紙切って対応した。次回清掃時は宇賀神のガスケットキットを使用すること(デロルト純正・・・?)。
フロートニードルが磨耗してきているので、次回交換かな。

・プラグコード交換
NGKパワーケーブルに交換、相模原ZOA安い。
→アイドリングが高くなり、安定するようになった。
交換前のは30年前のオリジナルで、中の銅線がボロボロになってたからなぁ。プラグは交換していないが、カブリ息継ぎは明らかに減った。加速時間はあまり変わらないと思う。よくわからない。
ハイテンションコイルの接合部分はビスになっていて、プラグコードの芯線にビスをねじ込む必要がある。
取り外す時、プラグコードをプラグから抜いてぐるんぐるんまわして引っこ抜く必要あり。注意。

・ボディ錆止め
錆色が黄色く浮いてきたので、ボディ全体にpor-15を塗布。最後少し足りなくて、塗り跡が消せてない。市販のシルバー塗料でマスクするか?por-15を買い足すか?鴨居のストレートで売ってる。
テールの左右に、リアキャリアの設置で傷ついて錆ついてたのが目立たなくなってうれしい。

・ガソリンホース交換
燃料タンクとキャブをつなぐホースが、経年劣化で硬く細く縮んでしまったため、交換。内径7mmが標準なのに、測ったら4mmにまで細くなってた。
中間にフィルターを噛ませた。どの程度ごみが取れるのか、どの程度ガソリン供給に影響があるのか見守っていきたい。

・シート皮補修
ポリテープで裏側から合わせ、応急処置した。しばらく放置の予定。シートスプリングもへたってるし、どうせならシートごと取替えたいな。旧型シートは、宇賀神で\17k、ヤフオクで\12k程度。


今後の課題
・ガソリンフィルターから漏れてる。どうもプラスチック部品の噛みあわせが悪いらしく、フィルター中央から染み出してくる。違うやつ買って、ガソリンホースが硬化する前に早めに取り替えよう。

・フロントタイヤ交換
3.00-10
S1を買いたいな。インナーチューブは購入済。溝の減り具合とセール価格を見ながら発注。
[PR]
by kurorai | 2009-10-12 22:21
←menuへ