<   2005年 11月 ( 27 )   > この月の画像一覧

スイートポテト風のしっとり風の甘さ控えめの何か。写真撮るの忘れた。

さつま芋はよく洗ってから水気を取り、オーブンで余熱なし250℃で60分焼く。芋の皮をむき、裏ごしする。
芋に、砂糖、ベーキングパウダー、粉末クリームを各適量加え、よく混ぜる。
とき卵2個、メープルシロップ適量、水適量を加えよく混ぜる。
パイ皿にバターを塗り、200℃で20分、230℃で10分焼く。旨そうな焦げ目がついたら完成。

適量=適当
[PR]
by kurorai | 2005-11-30 17:47
SDカードの中身を整理したら、ブログに使おうと撮ったのにすっかり忘れていた画像を見つけた。もったいないのでまとめてアップ。

①くーちゃんに段ボール箱をあげた。すごく喜んで出たり入ったりを繰り返している。箱の底に窓を開けたら、そこから顔を出してこっちを見ている。時々フチをかじっている。かわいい。写真は10月の下旬あたりに撮ったんだと思うが、現在ではこの窓はだいぶ大きくなり、出入りができるようになっている。(しかしノイズがひどいなー。)
c0016261_2361432.jpg

②10周年記念の饅頭。11/10に記事は書いたけど、画像上げるのを忘れていた。茶碗が欠けているのはご愛嬌ということで。
c0016261_2363123.jpg

③車海老を食べた。食べ終わってから写真を撮る事を思い出し、上半身だけ撮影。赤くてツノがついててシャア専用っぽい。
c0016261_2364163.jpg


以上。
デジカメ欲しいなぁ。いい加減接写モードのない灰色カブりの携帯カメラじゃ記録も取れないですよ。銀塩は撮っていておもしろいけど、デジタルとは撮り方や用途が違うしなぁ。
銀塩全盛期におけるオリンパスペンのDやFシリーズのようなデジカメがないかと、ITmediaのレビューはよく覗く。最近では、リコーのGR DIGITALに惚れた。基本のしっかりした潔い28mm単焦点ですよ。憧れの画角。
でもデジタルだアナログだの前に、俺オートフォーカスや光学ズームを使ったことがないんだよなー。90年代から先のカメラは、実はよくわからない。
[PR]
by kurorai | 2005-11-29 23:46
土曜からの分を一気に書いてみたり。

土曜日
海を見に三浦へ行った。
0630 自宅出発
0720 大和駅前
0830 江ノ島海岸にて朝食 練り梅おにぎり×2
c0016261_18171081.jpg
0900 出発。R134を三浦半島方向に進む。車の流れが激しく歩道を走っていたのだが、鎌倉を過ぎたトンネルのところで車道と離れてしまう。
0930 道の左右にヤシの木が生えた奇妙な奇麗な通りを進み、いつの間にか小坪漁港に到着。しかし結局行き止まり。R134に戻りたいのに、道がつながっていなくて右往左往。
0940 何とか国道に乗ろうと細い急坂を登ると、披露山何とかという閑静な住宅街に着いてしまった。道が環状になっていて迷いやすいのはニュータウンの常。てっぺんまで登って、なんとか国道を見つけて降りていった。
R134を南下。
1110 三浦アリーナ?で三浦市民まつりをやっていた。長野のリンゴと三崎のマグロ尾身を購入。夕飯はこれに決定
c0016261_18173976.jpg
1140 昼食は三崎口駅前で天ぷらそば。
1230 到着。岩の上でとりあえず湯を沸かし、ティーバックのほうじ茶を飲む。
着いてからは海を眺めていたり、寝転んでいたりと過ごした。
c0016261_1818211.jpg
もうすぐ日暮れと思っていたらこの後うとうとしてしまい、気付いたら薄暗くなっていた。
夕食:マグロ尾身、引き出物で貰ったアルファ米の赤飯、りんご
20時くらいに無灯火で波打ち際の散歩を楽しみ、持っている服を全部着こんで寝袋にもぐりこみ就寝。テントは持っていったけど面倒だったから使わなかった。

日曜日
5時ごろ寒さで目が覚めた。やはり11月下旬はなめちゃいけない。
c0016261_18182939.jpg
ものすごい音がしたので海を眺めたら、カモメの群れが鳴きながら、小魚の群れに一斉に飛びかかっていく音だった。
自分もラーメンとお汁粉とみかんで朝食。
c0016261_18184368.jpg
1000 出発。R134を引き返して帰る。
京急バス逗子駅行きと抜きつ抜かれつ競走するが、長者が崎付近で失速し引き離される。運転士さんひかないでくれてありがとうごめなさい。
葉山御用邸前では警官に呼び止められた。それほど怪しい格好だっただろうか・・・。と思いながら質問に答える。相手が大阪訛りだったので、とっさに自分も訛りが出てきた。それを聞くと関東に出てきてるもん同士という事なのか、警官も言葉遣いがやさしくなった。方言は人を仲良くさせてくれる。しかし松阪弁使ったのは久しぶりだ。
1050 新逗子駅前。色々ありながらもたった50分で逗子まで来れたのはすごいことだと思う。京急六浦駅前から丘を切り崩した街の中を抜け、鎌倉街道に向かう。
1140 金沢市民の森。駐車場入り口前のベンチでリンゴをむく。
1320 学校到着。使わなかったテントを裏に置き去り。
1440出発。1640自宅到着。ちょうど2時間で帰ってこれた。そのまま布団に倒れこむ。

月曜日
寝坊もせず登校。3限、久しぶりに基礎微に顔を出してみる。酒精作りがおもしろい。ご飯が余ったので前期に作った味噌と一緒に食べた。
火曜日
3限テニス、ラケットを球の上からこすらせるように打ったら、かなりの速さで、ネットぎりぎりを右に曲がりながら飛んでいった。これは使える!と思って何度もやってみたが、最初の一回きりうまくできず、スカった球が後ろにたくさん転がっていた。
ショートラリーが始まったくらいから頭が痛くなり、授業が終わったときにはずーんずーんとしてきたので、竜馬のあげにんにくラーメンを食べてから帰ってきて今に至る。

合格発表まで受験勉強はしない事に決めた。でも色々と不都合なので、中間テストの勉強はするつもり。今回は政経・世史A・ラピリ+時間外が多少。そもそも週休三日だしさ、こんな暮らしきっと学生の間だけだよなぁ。
[PR]
by kurorai | 2005-11-29 18:19
ちょっと自転車で三浦半島まで行ってきます。んで、よく行く海辺の岩の上で寝袋に丸まって星と夜景と真っ黒相模湾でも眺めようかと思います。テントは部から借りたけど、ひらくの面倒だからなるべく使わないつもりです。晴れるといいなぁ。
[PR]
by kurorai | 2005-11-25 18:35
どうも昨日、会場で風邪を拾ったらしく、夜中から鼻がつまり、朝起きた時には頭がずーんとしていた。こりゃ試験休みだなっと布団に入りなおしたが、3限保健を休んだら自由登校がもらえない事に気付き、11時ごろ支度する。その時には頭も鼻もおさまっていた。

昼ごはんにと牡蠣フライを買いにサティへ行ったら、牡蠣フライ値上がりでショック。この間まで5個¥198だったのに、¥300になっちゃった。そりゃ海産物の相場なんてあってないもんとは言うけどさ、庶民の財布には厳しいものがあるよ。結局特売のかにクリームコロッケ買ったから良いんだけどね。
[PR]
by kurorai | 2005-11-24 23:02
俺、この高校で暮らせてよかったなぁ。受験戦争なんて教師に押し付けられたらグレちゃったかもなぁ。


人は人、自分は自分。
[PR]
by kurorai | 2005-11-23 17:56
俺は当たって砕けてくるつもりだったんだ。だからまた慣れないスーツ着て朝の京急に乗ったんだ。

午前中は小論文。障害とか共生とか、だいぶいっぱいいっぱいですよ。もっと生物っぽく書けば深く書けたかな。去年より200字増えてるし。シャーペン震わしながらガリガリと字数確保。

まぁ小論は予定違いだが上手にこなしたさ。
びっくりなのはそこからさ。

私立高校ってすごいぞ、グループデスカッションを4回もやったんだそうだ。志望動機だって暗唱で言えるくらい練習するもんらしいし、我らが単位制高校の偉大なる“空き時間”について話したら、すかさず「じゃあいくらでも勉強できるじゃん!」と言いなさる。まったりいい息抜きだなんて言えないじゃんか。
どうも彼女、俺が勉強した時間と、俺がジェンガと大貧民とネットサーフィンと紙ヒコーキ飛ばしてた時間を足したより多く勉強してるっぽいぜ。

普通科県立高校だってすごいぞ、面接の形態や去年の問題と理想的回答が配られてる。去年のテーマ:人間と競争について議論せよって何ー。この方も間違いなく俺の睡眠時間より勉強してる。

実験的単位制県立高校はすごいぞ、面接のもろもろの情報を、そんな彼女らから面接30分前に聞いた。なんだよ、グループ面接ってデスカッションの事なのかよ。お昼ごはん食べた後で眠いのに、急いで脳内再構築ですがな(でも少し昼寝もした。)

で、面接を済まして。

京急に乗りまして。帰りましたとさ。フィルム使い切りたくてカメラ持ってたのに、一回も出さなかった。



なーんだかな、当たって砕けてない。大学側とは対面してきただけだよ。
私立高校の数学の雪山の女の子には勝てる気がしねぇ。あの子もしうちの高校にいたらもっと伸びるぜ。まぁいいんだ。よくできた方さ。入れるかな。入りたいな。悪くはないよな。テンションやばいな。腹減ったな。プリンタルト作るか。終わっちまった祝いだ。発表まで何しよう・・・(勉強しろよ)
[PR]
by kurorai | 2005-11-23 17:36
いくら帽子に防犯って書いてあっても、丸サングラスとマスクと軍手と杖のせいで、ちっとも地域の平和を見守ってるぽくないです。なんなんですか。僕はどうすればいいんですか。
[PR]
by kurorai | 2005-11-22 19:15
なーんか書きたいことがあったんだけど、なんだったかな。

レッドリボンがエイズ撲滅運動の証なら、レッドリボン軍のブルー将軍はペンギン村まで広めに行ったのか。
[PR]
by kurorai | 2005-11-21 22:06
波が来るたびに浮き沈みしてりゃいい。って俺に言ってくれた人がいる。当人は間違いなく忘れてるだろうけど、俺は事あるごとに思い出す。
沈んでいても無理に浮き上がる必要はない、大事なことを学んだ。無理することはないんだが、もしも今がどん底の谷じゃないならやっておく事がある。
相手のために、って言うと偽っぽいから、あえて自分のために、人の助けになりたい。自己満足だけど、自分が満足できるくらいって相当だと思うよ。

いつてっぺんが来て、いつ下り坂なのかはわからないけど、登ったり下ったりを繰り返すのが山登りって遊びだ。(いま「ASOBIだ」って一発変換されてうぉって叫んだ)ほんの小さな丘だって見晴らしがいいかもしれない。見たこともない草が生えてるかもしれない。知らない生き物が暮らしているのかもしれない(これはちょっと恐いな、熊とか)。
先が見えないから見えない部分を想像して喜んだり落ち込んだり。きっと全部見えてたら何も決めたくなくなる。
野郎が言うのは気色悪いが、今は見えないものに期待して「ドキドキ」する事が楽しい。




(オチはないよ)
[PR]
by kurorai | 2005-11-21 15:04
←menuへ