<   2008年 08月 ( 12 )   > この月の画像一覧

横須賀に帰着しました。2週間ぶりの我が家は、僕の部屋だけ相変わらず散らかってるけど、それでもなんとなく落ち着くものです。

んんんー。ネットの波に放り投げたいけど投げられないネタがいくつかあるんですが、他人に話したくてしかたない。


むーん。大丈夫、失敗して僕が失うものなんて何も無いや。のーりすくはいりたーんだ。と心に言い聞かせる。誰か僕に豊富な話題とすばらしい話術と素敵な展開力をー。
膝を抱えて座った姿勢のまま90度横になって膝から下をじたばたする6尺1寸の男は、なんともきもい。
[PR]
by kurorai | 2008-08-28 00:34
8月入って以来初めての休日をもらいました。現在とってもほろ酔いふわふわ。


朝に営業準備だけ手伝った後、電車に乗り、福生の街を探検しました。
福生は基地の街であり、工場労働者の街でもあります。駅から10分歩くと、初めはSEIYU、次にタイ料理屋やフィリピンパブ、そしてインド料理屋、雑貨店、基地滞在者向け日本土産物屋などがつ連なっており、国道16号を挟んで横田基地があります。
基地沿いをぶらぶら歩いて、Tシャツ屋とか家具屋とか雑貨屋とか、いろいろな物色して歩きました。70年代ドイツ軍の防水のバター缶800円を買おうか本気で迷ったけど、また来店すれば良いじゃないかと、次回に回すことにしました。軍の払い下げってそれだけでなんだかそそられるのですが、これが男の子の男の子たるところなのですか、蝿恵那くん。昨日までは基地開放してたんだよと店員さんから聞き、かなり残念だけど記念Tシャツを買いました。両面プリント素敵デザイン2K円は素敵じゃないか。
結局今日の収穫は、Tシャツ3枚、、ココペリネックレス、ブルーシールの美らいもアイス、有意義な時間、セブンイレブン開店記念でシュークリーム50円引&食パンプレゼント。

散々歩き回り、駅前で一通の飲み屋街を歩き回ったが、オーラの出ている飲み屋が見つからず、疲れ果ててもう帰ろうかと駅に向かう途中で見つけた焼酎屋さんが当たりだった。芋を飲みながら、頼もうと思ってた冷奴がお通しとして出てきたり、しかもその上に、ここ1ヶ月食べてなかったキムチが載ってたりと僕のツボをついた店でしたよ。手羽先が案外大盛りで、腹が膨れてご飯を頼む必要がなくなったよ。店のおにーちゃんとも楽しく話して僕幸せ。

芋焼酎はうまいね。当初ダバダを頼んだけど切らしてるとのことで芋に切り替え、「芋の芋くさい奴ありませんか」と言ったらとっても素敵な紫芋と赤芋を飲ませてくれた。コガネセンガンにこだわる必要はないのだと知ったよ。すばらしいね。こうやって酒や人に出会えるから、飲み屋探しは本気でするべきなのだね。
いい気分で、明日の仕事のためにもう寝ます。
[PR]
by kurorai | 2008-08-25 21:18
明日は休日!今月初!!
某基地の街に出て探検してきます。よこすかじゃないよ。

男一人、アイス屋でアイス食べてたら変だろうか。
都会のヨゴレーを胸一杯に補給してこよう。ぶーらぶらしよう。無駄に。
Tシャツ買おう。洗濯してなくてもうストックが切れた。
ねむ。
[PR]
by kurorai | 2008-08-24 23:57
松ケンと略されると松平健の方が出てくる私は世代が違うのか・・・。松山ケンイチなんてシラネーヨ!


ラフトのお客さんが総合の8期生でした。休憩中に「かなそうですよね?」と声かけられてぶふぁってなった。よく気づいたなぁ。高校時目立たない日陰者であったつもりなんだが、校内を見渡している人ってのはいるもんなのかね。世の中狭いね。それに、僕ら世代がラフティングツアーに来たっておかしくない年になったんだね。

ということで、ラフティングツアー9月中もまだまだ予約可能です。いや土日は割と埋まってきてたかな。8割方いるので、遊びにおいでよー。
水商売なので、「ご指名」、お待ちしてますw
[PR]
by kurorai | 2008-08-22 19:45
ラフトツアーはお客とノリが合うか次第だなぁ。幅広い人と合わせる事ができるといいんだがなぁ。

今日で9日間連勤。山に行った前後も休日は無かったから、16日間連続で活動してます。
明日は休日となるはずだったけど、レッスンが入りました。これで来週月曜まで連勤記録が延びます。
たくさん稼ぐのは良いんだが、手つかずの宿題たちはどうしたものか…。

昨日の夕方、1人でカヌー乗ってサーフィンして遊んでたら、急に何か歌いたくなって、でもろくな歌を知らないから、小田急線の歌を片瀬江ノ島から新宿まで歌い切りました。すごく乗りやすい波で、ずっと轟音に包まれているから負けないように大声で歌いました。カラオケ気持ち良いです。小田原・大雄山線ver.の歌詞をすごく知りたいんだけど、誰か知りません?

今年は翔鴎祭に行きます。2日目にひょいと出現するので、見かけたらやさしくしてやってください。
多分同年代と話すのは何週間ぶりなので、挙動不審でも見守ってやってください。
[PR]
by kurorai | 2008-08-20 22:24
電車で、pjの吊り広告の前に立つと照れるね。
別にドラクエ的『エッチなふく』に照れてるんじゃないよ、ネーミングセンスとかがものすごいんだよ。

だって『HottyコットンHARAマキパンティ』だよ。腹巻き方向に布が長い綿パンという商品の特徴をまったく逃さず、プチセレヴかっこわらい達に精一杯訴求している。この名前はこれっきゃないっなんだろう。全国の原真希さんはこの表記を参考にするといいと思う。

あと『女らしさも深まるハイ&ピンヒール』が、公園のすべり台より傾斜がきつくて驚いた。これはすべり落ちるだろ、新手の健康サンダルか?ピンヒールでバランス訓練ダイエットとか絶対ある。クイズに正解できないと傾斜がきつくなってきて、落ちたら泥や小麦粉とか絶対あるんだ。なんて恐ろしい装備なんだ…。
あ、でもこの装備、急な登り坂では平たくなって歩きやすそう。なるほど女性の上昇思考を体現してる装備なんだね、天狗が一本歯の下駄をはくようなもんだね。山道でも、ピンが地面や雪面に食い込んで滑らなそうだから、これはもしかしたら、アイゼンいらずの画期的装備なのかもしれない。
すこいぜハイ&ピンヒール。今すぐピンの部分をチタンで作るべきだね。大学構内で『カッ!カッ!カッ!ガコンッ!!』なんて足首ひねりながら騒音たてながら歩かせておくなんて勿体ないよ。ピンヒールのやかましい連中は山に帰ればいいのに。
[PR]
by kurorai | 2008-08-19 07:53
中学生の修学旅行っぽいのが終わり、半日暇ができたので横須賀に帰ってきました。
レポートを仕上げて明日の朝提出します。ってか、6時に事務局前のレポートボックスは開いてるんかな。閉まってたらどうしようかな。

北京土産に、ピンバッチもらってうかれてる。このキャラ水の精だっけ?著作者とオリンピック主催者が仲悪くなって使えなくなったとかなんとかってニュースでやってたやつ。なかなかかわいいけどこの舟はどう見てもOCの舟だよな。
c0016261_19582952.jpg


で、このバッチ撮ろうとカメラを取り出したら、フィルターが割れていて破片が飛び散らかった。
レンズ保護のフィルターだけひどい割れようで他は無傷。フィルターはレンズカバーとレンズの間に挟まってたのに、なぜこれだけ割れたんだ。。。
c0016261_19581965.jpg

[PR]
by kurorai | 2008-08-18 20:09
駄文を垂れ流します。

川の近くでバイトしています。
最近は接客よりも裏方が多いのは、やっぱり自分にはそういう方が向いてると社長が判断してるんだろうか。俺看護師なんてなれんのかな。

修学旅行で来た中学生、おもしろかった。怖い怖いと叫んでいるうちはまだ大丈夫なんだが、波をかぶる度に漕がなくなるのは勘弁してほしい。彼ら彼女らの漕力を計算に入れてライン取りしているので、その修正のために普段の3倍くらい漕いで疲れちゃった。瀞場でまったりしている時に、平成ジャンプのなんとか君がかっこいいとか話をしてくれたんだが、なんだそれ、集英社の某少年週刊誌のことか?
しかし女子中学生にときめかなくなったのは、僕も年齢を重ねた結果ということか。おかしいなぁ、上下干支一回りが僕の守備範囲のはずだったんだがな。


なんかもう、毎日飲み会で休肝日がない。おじさん達は金あるので、最も上等じゃない酒がヱビスとか、焼き物をする時は炭をおこすとか、これになれちゃうと大学生活やっていけない気がする。


友人、というのもおこがましいかな、知り合いが北京で4位入賞した。すげーよゆりちゃん。お手元に今日の新聞があったら、スポーツ欄の4分の1くらいには載ってると思うので読んでみてほしい。
日本ではマイナー競技なため生中継をやってくれないので、決勝の時にはチェコに国際電話をかけてテレビ中継を実況してもらった。ヒルゲトワなんかの時には、普段絶対しまいと思ってるのに「こけろー」と念じてしまったよ。本当によかった。
入賞はロサンゼルス五輪以来とか新聞には書いてあるが、ロスのなんて東欧勢がボイコットした時らしいので、強いのなんかまったく出てなかったんだろう。今回の4位は本当に、日本のスラローム界の歴史に残る偉業だと思う。
悪天候で決勝が一日延びて、連盟のなんちゃらとかコーチとか、大したサポートもできない連中が予定通り帰国しちゃった後でこんな快挙とか、痛快すぎる。ざまーみろだ。
早く帰ってこないかな。第三次祝勝会も本人不在のまま行われていった。
[PR]
by kurorai | 2008-08-16 22:39
総合高校ワンゲル部と北アルプスに行った。今、総合には14期がいるんだぜ。平成4年生まれだって。すげー。妹より年下なのか。皆素直なかわいい子達で、おじさん幸せな気持ちになった。
9期の頃の顧問で総合にいるのはひげの某先生だけになってしまったが、その存在感は増しているように感じた。相変わらずいいおひげだった。新しい2人の先生も頼もしい感じだったが、影が薄くなりがち。俺もっと自重すべきだったろうか。全行程、一度も雨が降らなくて幸いだった。

○木曜、昼に顔合わせMTGと買い出し。バイトあがりで声が枯れ髪ぼっさぼさ、いつもに輪をかけて印象が悪かったろう。
夜は新宿都庁下集合で夜行バス。暑い下界とさよなら。

○金曜、夜行バスで富山・室堂に到着。既に森林限界、日差しは強いが気温は低い!カイテキ!
御前小屋まで登り、雪渓と雪解け水を飲みたいためだけに遠回りをして、剱沢のテント場へ。
コースタイムの2倍程度かかったが、ほとんど山をやったことのない新入生もいるから、当然のこと。遠回りは、体力ないのに失敗だったかな。でも雪渓を踏みたかったんだ。

○土曜は剱沢から剱岳往復。
カニの横這い縦這い、超怖かった。鉄の橋を渡った後の3番鎖場も恐ろしかった。鎖を離し、足を滑らせれば数十m下の岩場か雪渓に落ち、急勾配のカールを延々滑り落ちていくことに…。と想像すると落ち着かない落ち着けない。よかった。生きててよかった。高所恐怖症はなんとかしちゃいたい。
剱岳は標高2999m、立ち上がって3千mの空気を吸った。
一服剱、前剱、剱岳と、片道3回、往復で5回も頂上を踏まなければならないので、いい加減足にこたえた。皆がんばったなぁ。
剱は岩の塊だと思っていたのだが、案外高山植物がたくさん生えていた。お花畑はリンドウの仲間っぽいのが多かった。あとはチングルマと、ちょびっとだけトリカブト。

○日曜は剱沢から別山と御前小屋を経由して雷鳥沢テント場。
尾根の直登で、14期を引き離すつもりで先頭を歩いたが、遅れること数分でくっついてきた猛者がいた。山行2回目でこれだけできるのだから、彼女はものすごい逸材だと思う。
別山北峰で雷鳥の親子が歩いてた。あんなのんびりでよく絶滅しないもんだ。おこじょさんにも会いたかった。雷鳥坂はチングルマのお花畑が広がっていてきれい。綿毛もかわいい。この花大好き。
お昼のスパムすびが旨かった。高カロリー食がありがたい。あれだけ食っても今体重計に乗ったら73kgに落ちてた。山すげー。-1.5kg。
テン場近くのヒュッテで温泉に入った。3日ぶりの風呂は四畳半程の源泉かけ流しの湯舟で、そりゃあもう最高だった。陽に焼けすぎた前腕は湯にひたすことができず、キョンシーのような不自然な格好でつかっていたことも、内湯から外湯へ行く時に無駄に全裸で歩き、外でくつろいでたおばちゃん達にサービスシーンをしちゃったことも、まったく何ともない。
そんなことより、湯から上がって缶ビール飲みのみテントまで戻る間のどんなに幸せなことか!なんでこんな苦い水が、喉が渇いている時にすごくおいしいのか、本当に不思議だ。

○月曜は室堂から長野方面に行き、トロリーバスとケーブルカーとロープウェイと路線バスとスーパーあずさで帰宅した。陽炎うだる下界にこんにちは。
黒部ダムは観光地。山のついでじゃなきゃ行かないだろうなって所。
スーパーあずさの車内販売が、八ヶ岳高原弁当を逆さまに落っことしたのに、何事もなかったかのようにカートのてっぺんに戻したのを見て買う気が失せた。高原弁当食いたかったな。たしか特急か小淵沢でしか買えないんだよな。

共同装備を置きに総合に寄った。休日登校者名簿に2310…と書こうかと思ったが、熟考の末やめた。
2階裏空間を覗いたら、無人だが相変わらず混沌としていた。祭っぽいものが雑然と並び、お茶セットと寝具が入っていた戸棚はPC/プリンタ置き場へとサイバーな進化を遂げていた。生室も相変わらずカオスってた。新しい印刷機の名前は忘れたが、周辺にプリンタ用紙の箱の残骸が散っていて、彼もかなりがんばっていることがわかった。名前、なんだっけ。
生室のドア横には、俺が1年次冬の暇な時間に作った「今のところ 開いてます/閉まってます」の看板がまだ残っていた。生室の鍵を開けて最初にするのがあの板をくるりん。懐かしい。てかだいぶボロですよ、作り直さないんですか、協議会の皆さん。

小腹が減って竜馬に寄ったら、大将が俺のこと覚えててくれてうれしかった。いつも通り「ラーメンかためで味玉」を頼んだ。麺とスープは変わらず旨かったがチャーシューは脂身が多く少しくさみがあったかな。原料高で大変だろうが、「高校生200円引きは続けていく」とのことで、がんばれっと思いつつスープを飲み干した。

すぐ下界に馴染んじゃうのがもったいない気がする。

別山北峰からの剱岳。左下が剱沢のテント場で中央左が剱山荘。
c0016261_2024119.jpg
チングルマの綿毛。多分。
c0016261_2226682.jpg
山頂近くの分岐。どこが道なのやら
c0016261_2226156.jpg

[PR]
by kurorai | 2008-08-11 20:11
5日
ラフトと雑務。
でっかい夕立が来た中、湖畔で舟の片付け作業をやり、すぐ近くの雷鳴に恐怖した。悲鳴は意思とは関係なく出るものだと初めて知った。
今まで、岩から飛び込むお客が落ちながらキャーと叫んで「あれじゃ水飲んじゃうだろ」と苦笑してたが、もう笑わないようにしよう。
夕飯はオクラカレー。ねばねば旨し辛し。

6日
ラフトとカヌーレッスンサポート。
ノリのいいお客とツアーやるのは楽しい。久しぶりに本気で落としにかかった(恋愛的な意味じゃなく、ボートの上から的な落としだが)。たくさん笑って散々泳いで、3時間弱のツアーを楽しんでってくれたと思う。

ありがとうの言える子供達にカヌーを教えるのは楽しい。2回目だってのにもうフェリーグライドができた。大人みたいに細かく教えなくても課題が達成できちゃうんだから、子供は皆天才だな。また来るといいな。生意気なんだがかわいい少年たちだった。

学生選手権が近いから、今年カヌーを始めたばかりの初心者大学生達が、先輩に連れられて川下りの練習をしていた。見るからに危なっかしい漕ぎ方なんだが、危なっかしいくらいの頃が一番楽しいんだろうな。超羨ましかった。
彼らを眺めながら、流れと戯れてだらだらと漕いでいたら、危なっかしいうちの1人が、脱艇して俺の方へ流れてきた。周りに上手そうなのがいなかったのでレスキューしたら、最短・最小限の力で美しく実行できた。自分でほれぼれしながら静かに去ろうと陸に上がった時、先輩っぽいかわいい女の子が寄ってきて、ありがとうございましたと話しかけられた。
元々挨拶する程度に顔見知りなんだが、その日はなんだか瞳がきらきらしててすごくかわいく見えたので、すっかり浮き足立っちゃってどんな会話したか覚えてない。
途中までかっこよかったんだが、惜しいなぁ。本戦頑張ってねくらい言えよぅ。

夕方漕ぎ終わって電車乗り、新宿の地ビールの店で、仕事ばりばりのおねーさんと飲んだ。
もぐらっていう宮崎の地ビールが気に入った。いい店を見つけるもんだなぁ。夜の末廣通りは徘徊する価値がある。
ワインバーで〆て、次回、沢登りをするのとエーデルピルスを飲む約束をした。
終電ですごくいい気持ち。今に至る。

楽しかったなぁ。日頃のうっぷんをぐちる会になるかと思いきや、楽しい話ばかりだった。おねーさんみたいな生き方がいいな。
[PR]
by kurorai | 2008-08-07 00:27
←menuへ