募金募金ってほんとにもう

ドリトス買ったらなんかキャンペーンやってました。袋についてる応募券を送ると、恵まれない子供に10円分の食事を配るらしいです。
この趣旨は良いです。俺がうっかり嗜好品を食ってる最中にも、誰かが腹をすかしてるんだろうってことに気づきますからね。

ただ、応募は官製はがきのみです。
50円切手で送って10円かよ!誰が送るんだよ!はがき1枚に8口までおkらしいけど、31日〆切なのでそんないっぱい貼ってられません。捨てました。
やる気ないんだろうなぁ日本フリトレー社。やる気があったら、応募券じゃなくて売り上げ個数あたりで活動するでしょうから。
でもいかに低予算で消費者をだまくらかすかって、企業姿勢としては間違っちゃいないと思います。手元にドリトスはあって食べられるだけ、日本ユニセフとかの募金よりましと思いましょう。


ちょっと今ドライイーストを育てる必要があって、ボルヴィックを使うことにしたんです。昔ナマモノ系な先輩が「ボルボックスを育てるにはボルヴィックがいい」って言ってたし、きっと酵母も元気になるんじゃないかと。
そしたらボルヴィックもなんかキャンペーンしてて、1L買うと10L分の水を得るための募金をユニセフにするって書いてあるんです。
俺がフランスのボルヴィック山の水が飲みたいとこだわったりすると、世界のどこかの誰かが泥まじりの水を手にできるってことですか。すごいですね、僕は11Lも水を買うつもりはないんですが。
ま、僕が手にしない10L分なんて、もしかしたら日本ユニセフの広告代に消えるだけかもしれないですけどね。

考えをまとめると、
世の中募金募金ってうるさい連中が多いけど、僕はそんなの気にしないで欲しい物を買い、そこにキャンペーン概要でも書いてあったら、どこかで誰かが喜んでいることを祈って終わりでいいじゃないか程度に思っておくことにします。それ以上は僕には判断つかないし、誰かのためになるだなんて思ったらおこがましいことだと感じます。
貧困とか飢餓とか、人の良心に訴えかけて金をせびるのが多すぎます。

環境問題のこともその口です。僕がエコに関心を示さなくなったのって、やってみたらあんまりにもそういうのが多い世界だったからです。最近もあれでしょ、エコポイント。新型家電は低消費電力ったって、その家電を作るために使った金属加工コストとか石油消費とか、今使ってる家電を処分する上でかかるコストとか、そういうのひっくるめてもエコロジーなんですかね。ほんとかいな。
もちろん友人や先輩たちの中には、本当に素晴らしい志を持っるらしい人もいたんですが…なんか、いろいろやったけど僕は疲れちゃったんだよね。最近はせいぜいごみの分別を心がけるくらいです。それだってわかんないよね、ごみ収集の経路は調べてないし、コンビニの燃えるごみと燃えないごみは中で1つの袋に入ってるし。
[PR]
by kurorai | 2009-07-28 02:49
←menuへ